圧縮袋を使って荷物をコンパクトにまとめよう

日数が短いのに荷物が多くなってしまうことがありますよね。旅行の準備でまず気をつけたいのが荷物の整理です。夏場は薄着ですが、下着の替えを沢山持っていきます。Tシャツ一枚でもたたみ方によって、大きさが異なってくるので注意が必要です。 沢山ある衣服をコンパクトにまとめる方法として、圧縮袋が使えます。袋は食品用でも衣類用でも大丈夫です。衣類をたたんだ後、袋に入れて空気を抜くだけでコンパクトになります。冬場のかさばるセーターにも、圧縮袋は便利です。透明の袋を利用しておけばカバンの中でどこに何が入っているかわかりやすいので、旅先での荷物整理も苦になりません。 袋の便利な点は、汚れた衣類を再び袋にしまえることです。濡れた場合でも、ビニールの圧縮袋であれば他の荷物が濡れません。行きも帰りの荷物の整理に便利な道具を是非利用してみませんか。

旅先で楽できる荷物のしまい方

圧縮袋など、旅行グッズを袋分けにするとカバンの中が整理されます。しかし、袋の分け方によっては旅先で荷物を出すだけで散らかってしまうので注意が必要です。 毎日使う小物などは、一つにまとめましょう。旅行中特定の日に使うような道具は、他のものとは一緒にしないでまとめておくことが大切です。用途や使う日によって荷物を分けることで、忘れ物の防止にもなります。 下着などは全日分を一つにまとめるとコンパクトになりますが、一日ごとにまとめる方が荷物整理が楽になるのでオススメです。洋服もコーディネートごとにまとめておくと、旅先での荷物の出し入れが楽になります。帰宅後のかた付けを楽にするには、持ち帰る時に洗濯する予定のものだけを一つにまとめておくと便利です。荷物のまとめ方によって、旅先や帰宅後のかた付けは楽になります。